就職活動の身だしなみマナー:服装・髪型・証明写真 について

証明写真の上手な撮り方,髪型(男子学生),ワイシャツの選び方,スーツの上着(女子学生),ベルト、傘、時計、メガネなどの小物,靴の選び方・装飾品に関する注意,靴下・ネクタイの選び方,靴の選び方(男子学生),ブラウスの選び方・注意点,パンツ(スカート),就職活動の身だしなみマナー:服装・髪型・証明写真,最新情報を紹介しています。


最新記事

証明写真の上手な撮り方

就職活動における証明写真について注意すべきポイントは何だろうか。

まず、カラー写真か白黒かということであるが、どちらであっても問題はない。

現在はカラーを利用する人がほとんどのようであるが、人によっては白黒写真のほうが似合うという人もいるようである。

カラー写真に関しては、背景色で印象がけっこう変わってくる。

例えば、青を使用すると明るく元気な雰囲気になり、グレーを使用すると顔の輪郭がはっきりし、落ち着いた雰囲気になる。

現在はグレーを使用する人の方が多いようである。


写真の表情については、「証明写真は真面目な表情で撮らねばならない」と思っている人が多いが、むしろ笑顔の方が望ましいでしょう。

笑顔は、口角を広げず、上方へ上げるようにすると良い笑顔ができる。

あと、目は意識して大きく開くようにするといいでしょう。

カメラに目線を合わせた状態で少しアゴを引いてみると、自然に目が大きくなるので試してみてください。

また、首が曲がっていたり、あごがあがったり、目線がずれてしまわないように注意しながら撮るといい証明写真が撮れるでしょう。



髪型(男子学生)

<男子学生のヘアスタイル>

まず、茶髪など染髪は、たとえ多少であっても軽薄に見られがちであり、特に年配の面接官に茶髪は印象が悪く見られがちなので要注意である。

なので、必ず黒髪に戻しましょう。

長さについては、サイドは耳にかからないようにして、もみ上げは短く切った方がいいでしょう。

後ろは刈り上げる必要はないが、襟足は横に流れない程度にしたいところである。

前髪は顔の表情がよく見えるよう、あまり髪を垂らさないほうがいいでしょう。


また、髪全体を立ち上げないようにするのがポイント。

地肌が見えるまで前髪をきっちりと分けたり、オールバックにもしないようにした方がいいでしょう。

あと、当日は寝癖には細心の注意を払ってください。

特につむじ部分はつぶれたりしないように、鏡で後ろの部分を映してみて、しっかり直しから行くようにしましょう。

髪は乱れないようにワックスなどを用いてしっかり固めた方が安心出来るので、念のため小さいヘアスプレーを携帯しておくとよいでしょう。


インフォメーション

関連サイト

RSSリーダーへ登録

就職活動の身だしなみマナー:服装・髪型・証明写真をMy Yahoo!で購読する
就職活動の身だしなみマナー:服装・髪型・証明写真をGoogle readerで購読する
就職活動の身だしなみマナー:服装・髪型・証明写真をlivedoor Readerで購読する
就職活動の身だしなみマナー:服装・髪型・証明写真をはてなRSSで購読する

パーツ