就職・職業適性検査の種類と無料対策 について

職業適性検査の種類,適性検査の役割,R-CAP,高校生対象:R-CAP for teens,SPI2実施形態のメリット、デメリット,SPI2の概要,Y-G性格検査,クレペリン検査,SPI2の検査項目と対策,適職診断,就職・職業適性検査の種類と無料対策,最新情報を紹介しています。


最新記事

職業適性検査の種類

・総合適性検査

GAB(ギャブ)

GABは幅広い職種を対象とした総合適性検査であり、あらゆる業種で活用されている「コンピューター職適性診断テスト」である。

「知的能力」、「パーソナリティ」、「バイタリティ」、「忍耐力」など9つの項目について分析され、SE、プログラマーなどに必要な能力を診断し、向き不向きを予測する検査である。

基礎学力以上に「知的能力」、「統率力」、「忍耐力」、「パーソナリティ」を重視する企業に多く活用されている。


SPI

SPIは、Synthetic Personality Inventory(総合人格評価)の略で、総合適性検査の中でも最も多くの企業に活用されているものである。

SPIは、能力適性検査と性格適性検査から構成されており、2002年10月には大幅に改訂されSPI2となっている。

その他の総合適性検査としては、CAREERVIEWなどがある。



適性検査の役割

適性検査には面接や書類選考では測れない、人の潜在的な能力、性格的な特性、企業の求める資質を持っているかを測定する役割がある。

また、志望者の多い大企業などでは、採用試験の前に適性検査を行うことによって、志望者を絞り込むという役割もある。

これには受検者が企業に出向く必要のないWEBテスト、検査終了時に即結果がメール配信されるテストセンターなどが多く利用されている。

適性検査はいろいろな機関や業者から出されており、心理学者らの人格理論に基づいて開発されているものも多く、結果にはある程度の信頼性・妥当性があると考えられている。

また、採用試験だけでなく人事異動や昇格など適材適所を把握するという重要な役割も果たしている。

適性検査で測定することのできる能力や性格などの特性は、だいたい20歳前後にはほとんど完成しているもので、将来大きな変化は起こらないとされていて、生涯に渡って適合する特性であると考えられている。